クリストファー ピサリデス(英語表記)Christopher Pissarides

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
経済学者 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授

国籍
キプロス

生年月日
1948年

出生地
ニコシア

本名
Pissarides,Christopher Antoniou

学歴
エセックス大学卒

学位
経済学博士号(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)

受賞
ノーベル経済学賞〔2010年〕

経歴
キプロスに生まれ、1974年に英国移住。’76年よりロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で教鞭を執る。米マサチューセッツ工科大学のピーター・ダイアモンド教授、米ノースウエスタン大学のデール・モーテンセン教授とともに、多くの求人がありながら失業が高水準となる現象を解明し、市場には取引相手を見つける時間や費用などの摩擦が存在するとのモデルを構築。2010年“労働市場のミスマッチの分析”を評価され、ダイアモンド教授、モーテンセン教授とともにノーベル経済学賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android