クリスマス音楽(読み)くりすますおんがく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリスマス音楽
くりすますおんがく

キリスト教徒にとって、復活祭とともにもっとも重要な祝日である、キリストの降誕を祝う祝日(クリスマス)と、それに続く降誕節のための音楽。ローマ・カトリック教会では、中世以来今日に至るまで、この時期のための特定のグレゴリオ聖歌が歌われてきたが、同時に、多声で作曲された声楽曲もしばしば演奏されてきた。また、クリスマスのために書かれた器楽曲も、とくにバロック時代には多く現れた。なかでもコレッリの『クリスマス協奏曲』は名高い。プロテスタント教会でも、この時期のためにつくられた音楽は数多いが、J・S・バッハのいくつかのカンタータや『クリスマス・オラトリオ』などはその代表的なものである。また、民衆の間で歌い継がれてきたドイツのコラール、イギリスのキャロル、フランスのノエルなどにも名曲が多い。さらには、ポピュラー音楽の分野でも、I・バーリンの『ホワイト・クリスマス』など数多くのクリスマス・ソングが生み出されている。[今谷和徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリスマス音楽の関連情報