コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

降誕 コウタン

デジタル大辞泉の解説

こう‐たん〔カウ‐〕【降誕】

[名](スル)聖人・偉人・帝王などがこの世に生まれること。「キリストの降誕」→降誕(ごうたん)

ごう‐たん〔ガウ‐〕【降誕】

仏語。仏・菩薩(ぼさつ)、特に、釈迦(しゃか)がこの世に生まれること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうたん【降誕】

( 名 ) スル
神仏・貴人・聖人などが生まれること。 「キリストの-」 → ごうたん(降誕)

ごうたん【降誕】

仏や菩薩が世に生まれること。特に、釈迦が生まれること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

降誕の関連キーワードゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲&降誕の刻印 HDコレクションパントーハ・デ・ラ・クルスサグラダ・ファミリア教会ポルティナーリ祭壇画宮崎県西諸県郡高原町クリスマス・カード灌仏会・潅仏会クリスマス音楽花祭(仏教)マラッティガブリエルエビオン派聖霊降臨日安藤 嶺丸岩窟の聖母クリスマス根本主義者舎利礼文マンリケクリッペ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

降誕の関連情報