降誕(読み)こうたん

精選版 日本国語大辞典「降誕」の解説

こう‐たん カウ‥【降誕】

〘名〙 (古くは「ごうたん」とも) 神仏、高僧、聖人、偉人、帝王、皇族などが生まれること。降生(こうしょう)
※中右記‐康和五年(1103)正月一七日「行向民部卿御許、談申皇子降之事」 〔花蘂夫人‐宮詞

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「降誕」の解説

こう‐たん〔カウ‐〕【降誕】

[名](スル)聖人・偉人・帝王などがこの世に生まれること。「キリストの降誕」→降誕ごうたん
[類語]誕生生誕出生

ごう‐たん〔ガウ‐〕【降誕】

仏語。仏・菩薩ぼさつ、特に、釈迦しゃかがこの世に生まれること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「降誕」の解説

【降誕】こう(かう)たん

貴子が生まれる。王建〔宮詞、一百首、七十一〕詩 日高くして殿裏に香爐り の聲は長く九天を動かす 妃子院中、初めてす 人、爭うて乞ふ、洗兒錢

字通「降」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android