コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリプティック層状構造 クリプティックそうじょうこうぞうcryptic layering

1件 の用語解説(クリプティック層状構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

クリプティック層状構造

層状火成岩の底部から頂上部への順に鉱物組成が変化することを記載する際に使用した語である[Wager & Deer : 1939].二種類のcryptic layeringがあり,一つは固溶体系列の鉱物の組成が結晶分化作用によって連続的に変化する場合で,もう一つは特定の鉱物が結晶分化作用の特別な時期に晶出を始めたり止ったりする場合である.後の場合はヘスによって相変化層状構造(phase layering)と呼ばれた[Hess : 1960].一般のcryptic layeringでは,底部から上部に向って鉄マグネシウム鉱物のMgに対するFeの比率が増加し,斜長石のCaに対するNaの比率が増加する特徴がある.crypticには不可解な,訳の分からない,秘密のなどの意味がある.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone