コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリプティック層状構造 クリプティックそうじょうこうぞう cryptic layering

1件 の用語解説(クリプティック層状構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

クリプティック層状構造

層状火成岩の底部から頂上部への順に鉱物組成が変化することを記載する際に使用した語である[Wager & Deer : 1939].二種類のcryptic layeringがあり,一つは固溶体系列の鉱物の組成が結晶分化作用によって連続的に変化する場合で,もう一つは特定の鉱物が結晶分化作用の特別な時期に晶出を始めたり止ったりする場合である.後の場合はヘスによって相変化層状構造(phase layering)と呼ばれた[Hess : 1960].一般のcryptic layeringでは,底部から上部に向って鉄マグネシウム鉱物のMgに対するFeの比率が増加し,斜長石のCaに対するNaの比率が増加する特徴がある.crypticには不可解な,訳の分からない,秘密のなどの意味がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリプティック層状構造の関連キーワードクランタービダイト特徴的鉱物ストロマティック相変化層状構造底部貫入火成岩の相構造相底部結晶作用反応原理(火成岩成因論)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone