コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリミア天文台 くりみあてんもんだい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリミア天文台
くりみあてんもんだい
Крымская Астрофизическая Обсерватория Krmskaya Astrofizicheskaya Observatoriya

ウクライナの黒海に面したクリミア半島にある天文台。1948年設立。この地方は旧ソ連地域内では天候が安定し、もっとも南の空が観測できる場所である。1960年、当時世界第3位の口径260センチメートル反射望遠鏡が建設され、天体物理学的観測が推進された。このほかの装置としては、口径122センチメートルの反射望遠鏡や口径64センチメートルのマクストフ・カメラなど多数がある。1976年、カフカス山脈中のゼレンチュクスカヤに600センチメートルという世界一の口径をもつ望遠鏡が建設されたが、これはクリミア天文台の264センチメートル望遠鏡の経験が生かされている。[磯部三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクリミア天文台の言及

【天文台】より

…初代台長は,星の年周視差の最初の測定に成功したF.G.W.ストルーベである。旧ソ連で活動の主流をなしていたのは,2.6m,1.25m,1.2mの3反射望遠鏡をもつクリミア天文台,2.6mの反射と1mのシュミット望遠鏡をもつビュラカン天文台および1976年に世界最大の6m反射望遠鏡を備えて開設されたカフカス山脈にあるゼレンチュークスカヤの国立特別天体物理天文台である。ゼレンチュークスカヤには最近直径600mの特殊固定電波望遠鏡も建設された。…

※「クリミア天文台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android