コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリミッチャウ Crimmitschau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリミッチャウ
Crimmitschau

ドイツ東部,ザクセン州の都市。ツウィッカウ北西のプライセ川沿いに位置する。 18世紀以来の織物,紡績業の町で,19世紀には労働運動の一中心となり,1903~04年にはここでの争議が全ドイツの繊維労働者に影響を及ぼした。現在は繊維工業のほか,繊維機械の製造も行われる。人口2万 2665 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android