争議(読み)ソウギ

大辞林 第三版の解説

そうぎ【争議】

互いに意見を主張し合って争うこと。もめごと。 「家庭-」
使用者と労働者、地主と小作人などの間に起こる争い。 → 労働争議小作争議

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐ぎ サウ‥【争議】

〘名〙
① 互いに自分の意見を主張して議論すること。争論。〔韓愈‐唐故河南令張君墓誌銘〕
② 地主と小作人、資本家と労働者などの間に起こる紛争。小作争議、労働争議など。〔英和外交商業字彙(1900)〕
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉一三「某署管内の大工場に争議が起った時」
③ 行政機関相互の間に生ずる、権限の争い。〔行政裁判法(明治二三年)(1890)二〇条〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

争議の関連情報