争議(読み)そうぎ

精選版 日本国語大辞典「争議」の解説

そう‐ぎ サウ‥【争議】

〘名〙
① 互いに自分の意見を主張して議論すること。争論。〔韓愈‐唐故河南令張君墓誌銘〕
② 地主と小作人、資本家と労働などの間に起こる紛争。小作争議労働争議など。〔英和外交商業字彙(1900)〕
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉一三「某署管内の大工場に争議が起った時」
③ 行政機関相互の間に生ずる、権限の争い。〔行政裁判法(明治二三年)(1890)二〇条〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android