クリューガーズドルプ(英語表記)Krugersdorp

世界大百科事典 第2版の解説

クリューガーズドルプ【Krugersdorp】

南アフリカ共和国の内陸,ヨハネスバーグの西方郊外にある都市。人口10万3000(1980)。金,マンガン,アスベスト,ウラニウムなどの採掘される鉱業地帯の商業的中心でもある。トランスバール共和国大統領であったクリューガー(1825‐1904)の名にちなんだ都市であるが,南部アフリカの経済的首都ともいうべきヨハネスバーグに近接し,特筆すべき特色をもたない。【西野 照太郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android