コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルコノシェ山脈 クルコノシェさんみゃくKrkonoše

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルコノシェ山脈
クルコノシェさんみゃく
Krkonoše

ドイツ語でリーゼンゲビルゲ (リーゼン山地) Riesengebirgeポーランド語ではカルコノシェ Karkonosze。スデティ山脈の一部をなし,チェコとポーランドとの国境の西部に連なる山脈。最高峰は標高 1602m。ラベ (エルベ) 川の源流は南側 (ボヘミア側) の斜面にあり,オドラ (オーデル) 川のいくつかの支流はポーランド側から北に流れる。ハイキングやスキーなど,年間を通じてレクリエーションの適地で,保養所などが多数立地し,1963年に一部が国立公園に指定された。山麓にはガラス,繊維などの伝統産業が発達している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クルコノシェ山脈の関連キーワードエルベ川

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android