コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルージュナポカ Cluj-Napoca

デジタル大辞泉の解説

クルージュ‐ナポカ(Cluj-Napoca)

ルーマニア北西部の都市。紀元前2世紀、ダキア人の地に古代ローマ帝国の植民都市ナポカが置かれた。12世紀にトランシルバニア地方のドイツ人が入植し、ナポカの近くに都市クラウゼンブルクを建設。ハンガリー王の庇護の下で発展した。16世紀半ば、トランシルバニア公国領となり、同地方における中心都市になり、第一次大戦後にルーマニア王国に帰属。14世紀創建の聖ミハイ教会オーストリアハンガリー帝国時代の要塞、ブルンコベネスク様式のクルージュナポカ正教大聖堂などがある。クルージナポカ。ハンガリー語名コロジュバール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

クルージュナポカの関連キーワードバーンフィ宮殿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android