コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルーズ県 クルーズCreuse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルーズ〔県〕
クルーズ
Creuse

フランス中部,リムーザン地域 (レジオン) の県。県都ゲレ。マルシュ地方,マシフサントラル (中央山地) の北西部を占め,大部分は結晶岩質か花崗岩の古い基盤層の台地から成る。この台地を深く刻むクルーズ川が南東から北西に流れて県を2分し,諸河川には多くのダムが建設されている。気候は寒冷湿潤で,やせた酸性土の地域が多く,ウシの飼育を中心とする牧畜地帯を形成。南西部では穀物とジャガイモを産する。中央部のクルーズ川に沿うアウンに小炭田があり,小さな鉱石採掘場が散在するが,工業は伝統的なオービュッソンタペストリーカーペット,および木工業がある程度。人口流出地域で,人口 5000以上の町はゲレとオービュッソンの2つにすぎない。面積 5565km2。人口 13万 1349 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone