コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロイワゼミ

百科事典マイペディアの解説

クロイワゼミ

半翅(はんし)目セミ科の1種で日本固有種。沖縄島久米島に分布するが,生息場所は局限される。1ヵ所の生息範囲がふつう非常に狭く,減少の危険がある。絶滅危惧II類(環境省第4次レッドリスト)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロイワゼミ
くろいわぜみ / 黒岩蝉
[学]Baeturia kuroiwae

昆虫綱半翅目(はんしもく)同翅亜目セミ科Cicadidaeに属する昆虫。体は細長く、体長18~23ミリメートル。体は黄緑色で、腹面は橙(だいだい)色を帯びる美しいセミである。はねは透明で、脈は黄緑色。和名は発見者の姓に由来する。沖縄本島だけに分布し、産地は局所的。6月に出現し、小枝や葉に止まって午後7時過ぎから30分間ぐらいだけ、チュ、チュ、……とかわいらしい声で鳴く。日中は葉上などに静止する。系統的にも特異な種で、台湾、中国をはじめとして、沖縄本島以外の地域からは近縁なものさえ知られていない。[林 正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クロイワゼミの関連キーワード黄緑色セミ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android