コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久米島 くめじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久米島
くめじま

沖縄県沖縄島の西方約 100kmの海上に浮かぶ島。久米島町に属する。南西諸島東シナ海側寄りの火山列島の一つで,輝石安山岩からなる火山島。最高峰は宇江城岳(うえぐすくだけ。309m)。海岸にはサンゴ礁が発達し,水にも恵まれて,サトウキビ,野菜,タバコ,パイナップルなどを産する。第2次世界大戦の戦禍を免れたため,旧仲里間切蔵元石牆(きゅうなかざとまぎりくらもとせきしょう),上江洲家住宅(うえずけじゅうたく)の国指定重要文化財や国指定史跡の具志川城跡が残るほか,比屋定(ひやじょう)バンタなどの景勝地もある。兼城港(かねぐすくこう)と那覇港との間に船便があり,久米島空港と那覇空港との間には定期便が就航している。久米島県立自然公園に属する。宇江城岳付近に源を発する渓流および周辺湿地には,キクザトサワヘビなど希少野生生物が数多く生息し,2008年ラムサール条約に登録された。面積 59.11km2。人口 9137(2005)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

久米島

沖縄本島の西約100キロの東シナ海に浮かぶ離島。面積は約60平方キロメートル。日本の渚百選に選ばれた「イーフビーチ」や高さ40メートルの巨岩「タチジャミ」など、人気の観光スポットがある。プロ野球楽天のキャンプ地としても知られる。

(2010-05-12 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

くめ‐じま【久米島】

沖縄諸島の西端にある火山島。古くは球美(くみ)ともいわれ、中国との交易の中心地であった。キクザトサワヘビやクメジマボタルなど島固有の水生生物が生息する渓流一帯は、平成20年(2008)ラムサール条約に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

久米島【くめじま】

沖縄県,沖縄諸島最西端の島。那覇(なは)市の西方約100kmにあり,火山岩を基盤とし,西部と東部に隆起サンゴ礁台地が発達。《朝鮮王朝実録》などには仇弥島・九米島などとみえ,伊敷索按司らの支配をうけ,17世紀前半に久米島紬(つむぎ)の生産が始まった。
→関連項目沖縄諸島クロイワゼミ南西諸島ラムサール条約

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

久米島

沖縄県、米島酒造株式会社が製造する泡盛

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くめじま【久米島】

沖縄県,沖縄島(本島)那覇市の西約100kmに位置する島。島尻郡仲里村と具志川村の2村からなり,面積59km2,人口9793(1995)。地体構造的には古期琉球火山岩区に属し,沖縄諸島では数少ない火成岩を主とする島である。島の北部に大岳(326m),宇江城(うえぐすく)岳(310m)など,南東部には阿良岳(287m)などの山地があり,中央部には標高50~100mの台地が広がってともに安山岩からなるが,西部の台地は琉球石灰岩からなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くめじま【久米島】

沖縄県、沖縄本島西方の島。古来中国との交易の中継地。久米島紬つむぎを産する。古名、球美くみ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕久米島(くめじま)


沖縄県の沖縄諸島西端にある島。那覇(なは)港の西方沖約85kmに位置する。面積58.8km2。島尻郡久米島町の主要部を占める。北部の宇江城(うえぐすく)岳(標高310m)を最高峰とする古い火山島。周囲は珊瑚礁(さんごしょう)が発達し、東海岸沖には約11km延びた堡礁(ほしょう)がみられる。琉球(りゅうきゅう)王朝時代、中国大陸との貿易の中継地として栄えた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久米島
くめじま

沖縄諸島の一つで、沖縄本島西方100キロメートルに位置する島。沖縄県島尻(しまじり)郡久米島町に属し、面積59.11平方キロメートル。新生代新第三紀グリーンタフ期に噴出した安山岩類が主体をなす旧期火山島で、最高標高は310メートル(宇江城(うえぐすく)岳)。島の西部には琉球(りゅうきゅう)石灰岩の広い台地をもち、水や耕地など自然条件に恵まれた島である。島のほぼ全域と周辺海域は久米島県立自然公園に指定される。島尻湾には沖縄でも珍しい堡礁(ほしょう)のサンゴ礁がある。琉球王府の時代には「球美(くみ)」ともいわれ、中国大陸との交易中継地として栄え、蔵元(くらもと)(現在は石垣が残る)も設置され、歴史的にも名高い島である。島名は「米(くみ)(米(こめ))の島」に通じ、古くから米作が盛んであったが、今日ではサトウキビを中心に、パイナップル、葉タバコが主要作物となった。また、民芸品に久米島紬(つむぎ)がある。那覇からは空・船便が毎日あり、名勝も多い観光地である。なお、久米島に関する記録としては、『続日本紀(しょくにほんぎ)』和銅(わどう)7年(714)12月5日条に「信覚(しがき)及球美等島人五十二人」とあるのが最初である。人口8756(2009)。[目崎茂和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

久米島の関連キーワード久米島紬の里ユイマール館 展示資料館沖縄県島尻郡久米島町具志川沖縄県島尻郡久米島町仲村渠沖縄県島尻郡久米島町謝名堂沖縄県島尻郡久米島町真我里沖縄県島尻郡久米島町比屋定沖縄県島尻郡久米島町宇江城沖縄県島尻郡久米島町嘉手苅沖縄県島尻郡久米島町鳥島沖縄県島尻郡久米島町銭田沖縄県島尻郡久米島町儀間沖縄県島尻郡久米島町仲地沖縄県島尻郡久米島町島尻沖縄県島尻郡久米島町仲泊沖縄県島尻郡久米島町山城沖縄県島尻郡久米島町真謝沖縄県島尻郡久米島町比嘉沖縄県島尻郡久米島町北原沖縄県島尻郡久米島町兼城沖縄県島尻郡久米島町奥武

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久米島の関連情報