沖縄島(読み)おきなわじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖縄島
おきなわじま

南西諸島の中部にある島。沖縄諸島の主島で沖縄本島とも呼ぶ。面積 1207.87km2沖縄県最大の島で,県総人口の 80%以上が居住。国頭(くにがみ。北部),中頭(中部),島尻(南部)に大別される。国頭地方は島の約 3分の2を占め,山地が広く,西銘岳(420m),与那覇岳(よなはだけ。503m),恩納岳(おんなだけ。363m)が脊梁山地をなして海岸に迫り,海岸段丘が発達する。森林,段々畑が広く,裾礁が発達し,景観に優れる。与那覇岳は沖縄島の最高峰で,山頂を中心に与那覇岳天然保護区域が設けられている。北部のやんばる地域はやんばる国立公園に属する。本部半島嘉津宇岳(452m),八重岳(453m)を中心とする地塊山地で,台地一面がパイナップルミカンの畑となっている。半島の先端備瀬崎一帯は 1975年国際海洋博覧会の会場となった。西海岸一帯は沖縄海岸国定公園に属し,保養地も多い。中頭地方は新第三紀層やサンゴ礁からなる低い台地や丘陵地域で,西側には嘉手納飛行場をはじめ在日アメリカ軍の基地が集中。兵舎,倉庫,軍病院,貸住宅が立ち並ぶ。大半の土地を軍用に接収されたこれらの地域では,経済的に基地依存の傾向が強い。一方,東海岸は,石油産業と近代工業の進出で工業地域への転換が目立つ。島尻地方は丘陵地帯で軍用地が散在する。那覇市とその周辺のほかはサトウキビ栽培を中心とした農村地域。南端部は第2次世界大戦最後の激戦地であり(→沖縄の戦い),沖縄戦跡国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おきなわ‐じま〔おきなは‐〕【沖縄島】

沖縄諸島中最大の島。北東から南西に細長い。面積1206.5平方キロメートル。中心は那覇市第二次大戦の激戦地。沖縄本島(ほんとう)。
霜多正次長編小説昭和31年(1956)から昭和32年(1957)にかけて、「新日本文学」誌に連載。米軍占領下の沖縄に生きる人々の姿をリアルに描く。昭和32年(1957)、第11回毎日出版文化賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

沖縄島【おきなわじま】

沖縄県,沖縄諸島中最大の島。南北118km。幅10km内外の細長い島で,面積1206.96km2。《唐大和上東征伝》に阿児奈波島とみえ,753年鑑真の一行が漂着している。北部は与那覇岳(503m)を最高とする古生層山地と,その周囲の台地状の海岸段丘からなり,一部に隆起サンゴ礁・沖積地が発達。中・南部は隆起サンゴ礁台地と第三紀層よりなり,サトウキビ,サツマイモ等農業生産の中心地。海岸にはサンゴ礁が発達して黒潮が流れ,一年のうち8ヵ月は20℃以上,冬も16℃程度で,亜熱帯植物が茂る。夏は南東,冬は北東の季節風が吹き,7〜9月は台風の季節で,被害は多大。那覇(なは)市が中心。
→関連項目沖縄諸島クロイワゼミ豊見城[市]南西諸島与論島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おきなわじま【沖縄島】

九州南端と台湾を結ぶ弧状琉球諸島のほぼ中央部に位置する沖縄諸島の主島をいう。一般に沖縄本島とよんでいる。諸島のうち最大の島で,面積約1200km2,全県の53%の面積に県の総人口の約90%,114万5323人(1995)が居住する人口稠密(ちゆうみつ)な島である。本島は琉球王府時代から,廃藩置県後の県政時代,第2次大戦後のアメリカ施政時代,1972年の日本復帰後の今日に至るまで,つねに琉球史の中心舞台となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おきなわじま【沖縄島】

沖縄諸島中最大の島。県庁所在地の那覇市がある。第二次大戦の激戦地。沖縄本島。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕沖縄島(おきなわじま)


沖縄県に属する琉球(りゅうきゅう)列島のうちその主要部をなす沖縄諸島の主島。面積1205.7km2。県庁所在地の那覇(なは)市ほか8市8町9村がある。南北に細長い島で、北部は与那覇(よなは)岳(標高503m)を中心とする300~500m級の国頭(くにがみ)山地、中部から南部にかけては隆起珊瑚礁(さんごしょう)の台地や丘陵地が広がる。亜熱帯気候に属し、沿岸には珊瑚礁が発達、亜熱帯植物が茂る。北部の山原(やんばる)とよばれる国頭山地には、国指定天然記念物のヤンバルクイナや特別天然記念物のノグチゲラなど貴重な動植物が多い。全島にハブが生息。17世紀初頭に薩摩(さつま)藩の属領となるまで琉球王朝が支配。1879年(明治12)沖縄県となる。第二次大戦末期、日本で唯一の対アメリカ地上戦が展開された。沖縄本島(ほんとう)、本島とも。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おきなわ‐じま おきなは‥【沖縄島】

沖縄諸島の主島。太平洋戦争の最後の激戦地。面積一一八五平方キロメートル。沖縄本島。阿児奈波島。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の沖縄島の言及

【沖縄[県]】より

…面積=2266.04km2(全国44位)人口(1995)=127万3440人(全国32位)人口密度(1995)=562人/km2(全国10位)市町村(1997.4)=10市16町27村県庁所在地=那覇市(人口=30万1890人)県花=デイゴ 県木=リュウキュウマツ 県鳥=ノグチゲラ日本の最南西に位置し,沖縄島(本島)ほか160の島々からなる島嶼(とうしよ)県で,そのうち40島が有人島,他は無人島である。明治以前の沖縄は琉球国という小独立国で,特に中国からは冊封を受け,臣の礼をつくして貿易を守り,その文物を輸入した。…

【島】より

…自然地理学的には周囲を水圏(海,湖沼など)によって完全に囲まれ,本土mainland(大陸または主島)に比して相対的に狭小な陸地をいう。したがって,島と本土とは元来相対的関係にすぎず,両者を区別する合理的な差異はない。ただ社会的慣習として,世界的にはオーストラリアより大きい陸地を大陸と呼び,グリーンランドより小さい陸地を島と呼んでいるにすぎない。また同様に日本国内では四国より大きい陸地を本土,択捉(えとろふ)島より小さい陸地を一般に島と呼んでいる。…

※「沖縄島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沖縄島の関連情報