コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反響定位 ハンキョウテイイ

3件 の用語解説(反響定位の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はんきょう‐ていい〔ハンキヤウテイヰ〕【反響定位】

エコーロケーション

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はんきょうていい【反響定位 echolocation】

エコロケーションともいう。動物が自分で音を出し,その音の反響によって定位を行うことをいう。ソナーレーダーと同じ原理である。最も著明なのはコウモリ(小翼手類)の超音波によるもので,この現象は1937年アメリカのD.R.グリフィンによって発見・証明された。コウモリの出す超音波定位音は大まかにFM(frequency modulation,周波数変調)型とCF(constant frequency,純音)型とに大別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

反響定位
はんきょうていい
echolocation

物体に音波を当て、反響によってその物体の位置を知ること。エコロケーションともいう。反響定位に用いられる音の波長が短いほど、つまり周波数が高いほど、小さい物体を検出することができる。また、近い物体からの反響は短時間内に返ってくるため、反響定位に用いられる音は持続時間が短い必要がある。コウモリは、2万ヘルツから10万ヘルツの超音波からなる数ミリ秒の短い叫び声を発し、その反響によって、直径0.3ミリメートル以下の針金を避けて飛んだり、カ(蚊)のような小さい昆虫をとらえたりする。イルカは17万ヘルツに達する高い周波数の超音波を用いて完全な暗黒中でも魚をとらえることができる。反響定位はアブラヨタカのような鳥にも知られている。[村上 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反響定位の関連キーワードアロケーションコロケーションディスロケーションアプリケーションソフトリロケーションロケロケーションエコーロケーションエコロケーション東急リロケーション

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

反響定位の関連情報