コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反響定位 ハンキョウテイイ

3件 の用語解説(反響定位の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はんきょう‐ていい〔ハンキヤウテイヰ〕【反響定位】

エコーロケーション

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はんきょうていい【反響定位 echolocation】

エコロケーションともいう。動物が自分で音を出し,その音の反響によって定位を行うことをいう。ソナーレーダーと同じ原理である。最も著明なのはコウモリ(小翼手類)の超音波によるもので,この現象は1937年アメリカのD.R.グリフィンによって発見・証明された。コウモリの出す超音波定位音は大まかにFM(frequency modulation,周波数変調)型とCF(constant frequency,純音)型とに大別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

反響定位
はんきょうていい
echolocation

物体に音波を当て、反響によってその物体の位置を知ること。エコロケーションともいう。反響定位に用いられる音の波長が短いほど、つまり周波数が高いほど、小さい物体を検出することができる。また、近い物体からの反響は短時間内に返ってくるため、反響定位に用いられる音は持続時間が短い必要がある。コウモリは、2万ヘルツから10万ヘルツの超音波からなる数ミリ秒の短い叫び声を発し、その反響によって、直径0.3ミリメートル以下の針金を避けて飛んだり、カ(蚊)のような小さい昆虫をとらえたりする。イルカは17万ヘルツに達する高い周波数の超音波を用いて完全な暗黒中でも魚をとらえることができる。反響定位はアブラヨタカのような鳥にも知られている。[村上 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

反響定位の関連情報