クロハツ(読み)くろはつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロハツ
くろはつ / 黒初
[学]Russula nigricans Fr.

担子菌類、ハラタケ目ベニタケ科のキノコ。傘は丸い山形から開いて浅い漏斗(ろうと)状になる。初めは煤(すす)けた白、しだいに汚褐色から黒くなる。肉は充実して硬いがもろい。色は、最初は白色であるが、空気に触れると赤く変わり、ついには黒くなる。ひだは厚く、幅広く、粗く並び、初め白、のち黒変する。胞子紋は白。分布は日本をはじめ世界各地に広く、夏から秋にかけて雑木林に発生する。
 美味な食菌とする人もあるが、類似の毒菌にニセクロハツR. subnigricans Hongoがあるので食べないほうがよい。ニセクロハツの傘は初めから黒褐色、肉は白いが、空気に触れると赤くなるが黒くはならない。そのほかにクロハツに似るが、ひだが密生するクロハツモドキがある。クロハツの仲間にはヤグラタケが寄生することが多い。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロハツの関連情報