クロム親和細胞腫(読み)クロムしんわさいぼうしゅ(英語表記)pheochromocytoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロム親和細胞腫
クロムしんわさいぼうしゅ
pheochromocytoma

褐色細胞腫。主として副腎髄質のクロム親和細胞から発生する,比較的まれな腫瘍。副腎髄質の細胞はクロム液で染色すると褐色に変色するのでクロム親和細胞と呼ばれる。この腫瘍細胞はカテコールアミンを多量に含み,血液中に放出するので,持続的な血圧亢進を伴うことが多い。大部分は良性であるが,治療は手術で摘除する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android