クンケル(読み)くんける(英語表記)Johann Kunckel

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クンケル
くんける
Johann Kunckel
(1630/1638―1702/1703)

ドイツの錬金術師、化学技術者。錬金術師の父から化学を学び、ザクセン選挙侯Johann Georg , Elector of Saxony(1613―1680)やブランデンブルク選挙侯フリードリヒ・ウィルヘルムFriedrich Wilhelm von Brandenburg(1620―1688)の宮廷に錬金術師あるいは薬剤師、ガラス工場監督として仕え、最後はスウェーデン王カール11世Karl (1655―1697)に鉱山大臣として仕えた。金属変換の可能性を信じて疑わなかったが、その著作は実験事実を率直に書いたもので神秘的なものではなかった。とくに1676年、ブラントHenning Brand(1630―1710)やボイルとは独立にリンの製法をみいだしたことは有名である。また、ネリAntonio Neri(1576―1614)のガラス技術書に自らの研究を加えて1679年に著した『ガラス製造術』Ars Vitraria Experimentalisは18世紀末まで最良の書といわれ、フリードリヒの産業振興政策に寄与したものと思われる。[内田正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android