ボイル(英語表記)Boyle, Robert

  • Boyle
  • Boyle, Danny
  • Boyle, Willard
  • Robert Boyle
  • boil
  • voil
  • voile
  • ボイル Boyle, Richard Vicars

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1627.1.25. リズモア
[没]1691.12.30. ロンドン
イギリスの自然哲学者。化学者。物理学者。近代化学の祖といわれる。貴族の家に生れ,ヨーロッパに遊学。 1644年帰国,「見えざる大学」と呼ばれる学者グループの中心となり,自然研究における実験の重視を唱える「新哲学」の発展に専念。このグループが中心となってロンドンでロイヤル・ソサエティが設立され (1662年に勅許を得る) ,ボイルは評議員となった。共和制下の 54年オックスフォードに居を移し,活動を続け,57年助手の R.フックとともに真空ポンプの改良に着手,59年に完成。真空中での落体の実験,音の伝播への空気の寄与 (60) などを明らかにした。 62年には気体圧力体積に関するボイルの法則を発見したほか,多方面にわたる物理学上の研究をなし,数々の業績を残した。とりわけ化学への関心が強く,主懐疑的な化学者』 (61) ではアリストテレスやパラケルスス流の観念的な元素観を排し,物質の究極的要素を具体的な粒子とし,それらの離合集散が物質現象を解明する鍵となることを主張している。混合物と化合物の概念,酸とアルカリの識別の実験的手段,金属の 煆焼をはじめとする燃焼の研究,呼吸など広範な実証研究を通して,自己の粒子論・機械論を展開した。その一方でそのような機械論的科学がキリスト教と矛盾しないことを主張し,その主張をさらに推進すべく,死後「ボイル講演」が設立された。
やや強撚 (よ) りの糸で,密度をあらく透かしをつくった薄地織物原糸各種繊維の細番手糸で,ほかに変化組織搦織 (からみおり) など,原糸やにより各種ある。用途は婦人子供服ブラウス着尺肌着スカーフカーテンなど。
[生]1924.8.19. アマースト
[没]2011.5.7. トルロー
カナダ生まれの物理学者。フルネーム Willard Sterling Boyle。1947年にカナダのマギル大学を卒業,1950年同大学で物理学の博士号を取得した。1953年にアメリカ合衆国のベル研究所に入り 1979年に退職した。2009年,光デジタル技術にかかわる重要な技術を開発した功績により,チャールズ・カオならびにジョージ・E.スミスとともにノーベル物理学賞を受賞した。ボイルとスミスは,ベル研究所でデジタルカメラの心臓部である電荷結合素子 CCDイメージセンサを開発したことが高く評価された。
[生]1956.10.20. マンチェスター
イギリスの映画監督,脚本家。大胆な映像編集による活力に満ちた作品が持ち味。初めは演劇界で働き,1982~85年ロイヤル・コート劇場シアター・アップステアズ(小劇場)の芸術監督,1985~87年ロイヤル・コート劇場の副監督を務めた。1987年にテレビ映画(長編テレビドラマ)『スカウト』Scoutでデビュー。初の長編映画『シャロウ・グレイブ』Shallow Grave(1994)で注目される。1996年にブラック・ユーモアを交えて薬物常習者を描いた『トレインスポッティング』Trainspottingが国際的にヒットし,躍進の契機となった。以後の作品に『普通じゃない』A Life Less Ordinary(1997),『ザ・ビーチ』The Beach(2000),『28日後…』28 Days Later(2002),『ミリオンズ』Millions(2004),『サンシャイン2057』Sunshine(2007)など。インドを舞台とする異色の恋愛映画『スラムドッグ$ミリオネア』Slumdog Millionaire(2008)が高く評価されるとともに興行面でも大成功を収め,アカデミー賞の作品賞と監督賞を含む 8部門に輝いた。2011年演劇界に復帰してナショナル・シアターでメアリー・ウルストンクラフト・シェリー作『フランケンシュタイン』Frankenstein(1818)を脚色上演(→フランケンシュタイン)。2012年にロンドン・オリンピック競技大会開会式の芸術監督を務めた。

オレリー」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)ゆでること。液体を沸騰させること。「ボイルした
アイルランド中央部、ロスコモン州の町。ガラ湖とキー湖の間、ボイル川沿いに位置する。土壌豊かな農業地帯の中心地。12世紀創設のボイル修道院、18世紀の貴族の館キングハウスなどの歴史的建造物がある。
[1627~1691]英国物理学者・化学者。空気ポンプを製作してさまざまな実験を行い、ボイルの法則を発見し、燃焼における空気の役割を研究。また、化学実験の基本的な方法を確立。神学上の研究も行った。著「懐疑的な化学者」など。
縒(よ)りの強い糸で織った目の粗い薄地の織物。夏の女性・子供服やシャツ地に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

英国の物理学者,化学者。貴族の出で,イートン校に学んだのちジュネーブで勉学,1644年帰国。私費で実験室を建て,生涯実験を行った。真空ポンプを改良し,空気の弾性や重さを研究,1660年ボイルの法則を発見。《懐疑的化学者》(1661年)を著し,その第2版(1679年)においてアリストテレス派の四元素説等従来の元素説を実験科学の立場から批判,デカルトの粒子仮説およびガッサンディの原子仮説に基づく新しい元素の定義を提唱,また元素と化合物の区別,混合物と化合物の区別を示した。他に燃焼に関する実験的研究,光や熱に関する研究などもある。王立協会の誕生と同時に評議員となり,1680年会長に就任。→ボイル=シャルルの法則
→関連項目フック流体力学
経(たて),緯(よこ)とも強撚(きょうねん)糸を用い,あらく平織にした織物。綿織物が多いが,絹,毛,麻,化繊もある。薄地で透けていて,通気性に富み肌(はだ)に密着しないので,夏の下着,シャツ,婦人子ども服,スカーフなどにする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:1908.1.3(1908.1.3)
生年:1822
明治時代のお雇い外国人。イギリス人鉄道技師。ダブリン生まれ。イギリス国内はもとよりスペイン,インドなどでも鉄道建設に従事した経験を持ち,明治5(1872)年8月に来日,モレルの後任として工部省鉄道寮の建築長となる。まず神戸・京都間の官設鉄道の建設に従事,その後は敦賀線,中山道線,新潟線などの測量を行った。9年9月に作成した「上告書」は,東西両京間鉄道としては東海道ルートよりも中山道ルートの方が有利であることを主張し,明治初期の日本の鉄道建設に大きな影響をおよぼした。10年2月に京都・神戸間鉄道が開業したのを見とどけて帰国。<参考文献>鉄道省編『日本鉄道史』上

(老川慶喜)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

目の粗い半透明の薄地織物。綿,絹,毛織物があり,経緯(たてよこ)ともに細番手の強撚糸を使い平織にする。先染柄物,後染無地,プリント物などがある。さらりとして通気性に富み,柔らかなドレープ性があるため,夏季用のドレスやブラウスに,また年間をとおしてのイブニングドレス,スカーフなどに用いられる。【山崎 宗城】
1627‐91
イギリスの化学者,物理学者。アイルランド領地をもつコーク伯爵リチャード・ボイルの第14子。家庭とイートン校で教育を受けた後,12歳から17歳までヨーロッパ大陸に遊学し,古典的教養と敬虔(けいけん)な信仰を身につけた。また,この間に新しい科学に接し,ガリレイの著作を学んだ。1644年帰国,まもなく〈インビジブルカレッジ(見えざる大学)〉と呼ばれるロンドンの科学者グループと親交を結び,自然科学への関心を深めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スル
ゆでること。また、ゆでたもの。 玉子を-する
強撚糸きようねんしで粗く織った薄地の布。夏服やシャツに使用。
1627~1691 イギリスの物理学者・化学者。フックとともに空気ポンプを製作し、気体の体積と圧力に関するボイルの法則を発見。粒子論による元素概念を提起し、近代化学の基礎を築いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (boil) 煮ること。沸かすこと。ゆでること。また、沸騰すること。またゆでたもの。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕
※胡椒息子(1937‐38)〈獅子文六〉兄の縁談「ボーイが伊勢海老のボイルを、春子姫の肩から差出したが」
〘名〙 (voile) 織物の一つ。目の粗い薄地平織り。婦人子ども服、カーテン地などに用いる。紗(しゃ)。うすぎぬ。
※痩せた花嫁(1925)〈今東光〉「透明なボイルの単衣に包まれてゐる餠肌」
(Robert Boyle ロバート━) イギリスの化学者、物理学者、哲学者。ボイルの法則の発見、空気・水銀の比重測定、元素の概念の導入など近代化学の基礎を築いた。(一六二七‐九一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

イギリスの科学者.初代コーク伯の第14子としてアイルランドに生まれる.イートン・カレッジで学んだ後,グランドツアー(イギリス貴族子弟のヨーロッパ修学旅行)に出て,ジュネーブのプロテスタント派のアカデミーで学業を完成する.1645年帰国後,父の遺産であるストールブリッジのマナー(領地)に落ち着き,倫理学的著作を著しはじめる.1649年化学の炉を購入し,実験ノートをつけつつ,実験研究を開始.1650年冬アメリカからやってきたJ.B.van Helmont(ファンヘルモント)派の化学者(錬金術師)G. Starkeyに化学の手ほどきを受ける.つまり,Boyle化学の出発点は,Starkeyの解釈によるvan Helmont主義化学であった.1655年末ないし1656年はじめに,オックスフォード実験哲学クラブの一員となり,当時の国際的科学活動の最前線を知る.1658年実験助手として雇ったR. Hooke(1635~1702年)の手を借りて空気ポンプを製作し,真空中での多様な実験を行った.その成果が“空気のばねと効果に関する自然学-機械学の新実験”(1660年)である.この本の第2版(1662年)の付録で“ボイルの法則”を発表している.1661年化学の分野の主著と目される“懐疑的化学者”において,それまでの代表的な元素説,すなわちAristotelesに由来する四元素説,ならびにT.P.A.B.H. Paracelsus(パラケルスス)の教説にもとづく三原質説を批判的に検討し,ともに元素の名に値しないことを説いた.かわってかれが支持したのは,いわゆる機械論-粒子論的哲学であった.その内実は,化学的性質をもつ粒子の結合と分離による原子論的な思考体系である.1664年“色に関する実験と考察”において,化学反応と色彩変化の関係を追究し,スミレ汁などの呈色指示薬をまとめて示した.1675年“さまざまな質の機械的起源についての実験ノート”において,“化学者の質の理論の不備について”ならびに“アルカリと酸の仮説について”主題的に考察し,酸,アルカリ,中性物質を分類した.なお,かれは生涯において44冊の著作を発表しているが,その約半分は,被造物(自然)に現れた創造主の知と力を称賛する自然神学ないし自然宗教に関するものであった.また遺言で,そうした目的のための“ボイル講演”を設立した.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1627〜91
イギリスの化学者・物理学者
気体の圧力と体積との関係を示す「ボイルの法則」を発見。また元素を正しく定義づけ,近代化学の理論的基礎を築いた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のボイルの言及

【圧力計】より

…この真空実験は水銀気圧計の発明であり,その測定原理は液柱型圧力計として今もなお広く用いられている。60年にはR.ボイルが一端を閉じたU字管形のガラス管内の水銀柱を使って空気を圧縮し,U字管内の水銀柱の高さの差から圧力を測る実験によりボイルの法則を発見した。このように,水銀柱を使って圧力を発生し,同時に圧力を測定して気体や液体の圧縮率を測定する実験は19世紀末まで試みられ,1877‐79年にはカイユテLouis Paul Cailletet(1832‐1913)やアマガEmile Hilarie Amagat(1841‐1915)によってパリのエッフェル塔や炭鉱の縦坑を利用して水銀柱を立て,43MPaに達する実験がなされている。…

【化学】より


[17~18世紀]
 17世紀に入ってフランドルのJ.B.vanヘルモントは,それまであまり関心を払われなかった気体を研究し,気体の多様性に関する手がかりを得た。真空の存在をめぐる議論や実験の積重ねのなかから気体の物理的性質に対する理解がしだいに深まり,1662年R.ボイルは気体の体積と圧力との反比例関係(ボイルの法則)を発見した。ボイルは,I.ニュートンやR.フックとともにローヤル・ソサエティの創始者の一人であり,錬金術の分野における17世紀科学革命の推進者であった。…

【元素】より

…錬金術は実在物質を取り扱ってはいたが,思想的にはギリシア哲学の流れをくみ,その元素概念は所詮,抽象的推理によるものであった。R.ボイルは錬金家のこの抽象的元素観に反対し,元素を定めるには抽象的推理によるべきではなく,実験を基礎とすべきであると主張した。1661年に出版された名著《懐疑的化学者》はこの主張を発表したもので,その中で彼は元素について次のように述べている。…

【呼吸】より

…16世紀の錬金術的化学者・医者パラケルススは,〈硫黄精〉と〈硝石精〉によって燃焼は起こり,かつ呼吸と燃焼は同じ現象であると考えていた。この解釈は,17世紀に呼吸について実験したR.ボイル,メーヨーJohn Mayow(1640‐79)などに影響を与えた。18世紀にはフロギストン(燃素)説の誤りを経て,ラボアジエが燃焼での酸素の役割を確定する。…

【錬金術】より

… ドイツ,さらにフランス,イギリス,オランダなどに浸透した錬金術思想は,宗教,哲学,文学,化学技術その他のさらに大きなるつぼとなり,M.マイヤーJ.ベーメN.フラメル,ノートンThomas Norton,リプリーGeorge Ripley,E.アシュモールJ.B.vanヘルモントなど多くの逸材が輩出した。そればかりか,その後に近代化学や近代力学を確立したイギリスのR.ボイルやニュートンらの精神も,錬金術思想が内蔵する深い知恵で養い育てられた。しかし錬金術思想は,方法論においてはるかに明確な近代物理化学の現実的・技術的な力には抗しきれず,その後は人間精神の深層に退き,むしろ芸術の分野に霊感を与えることになった。…

※「ボイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボイルの関連情報