コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーベルチュール チョコレート

1件 の用語解説(クーベルチュール チョコレートの意味・用語解説を検索)

チョコレート・ココア辞典の解説

クーベルチュール チョコレート

■ 一般に、ココアバターの含有量の多いチョコレートのことです。チョコレートの細工や被覆加工に使用されるものをいいます。ココアバターを31%以上含有することが基本で、通常は、35%以上の流動性の高いチョコレートをいいます。

■ 通常は、ボンボンの上掛け、キャンディーケーキの繊細なコーティングなどの細工に使われます。また、フランス料理デザートなどの彩りに使われています。

カバー(コーティング)をするために使うので、カバーチョコという意味があります。


■ 代表的なものとして、
国産品:大東カカオ不二製油、日本チョコレート工業協同組合、日新化工、アステカほかの優れ た製品があります。
外国品:カレボー、ヴァローナ、スシャール、ヴェイスなどが著名です。

■ チョコレートの基本構成である、カカオマス、ココアパウダー、ココアバター、砂糖などで出来た製菓原料用のチョコレートをいうことがあります。

■ 近年、クーベルチュール チョコレートという名前が知られてきて、高級チョコレートとされることがありますが、実際は、特殊用途のチョコレートです。

出典|日本チョコレート・ココア協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クーベルチュール チョコレートの関連キーワードココアビターチョコレートホワイトチョコレート純チョコレート・ピュアチョコレートココアパウダーラジウム泉ココアバターココアケーキココアバター代替物ピュアココア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クーベルチュール チョコレートの関連情報