コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぼんぼん ボンボン

6件 の用語解説(ぼんぼんの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼん‐ぼん[名]

関西地方で)良家の若い息子。若旦那ぼんち。「ぼんぼん育ち」
[補説]書名別項。→ぼんぼん

ぼん‐ぼん[副・名]

[副]
鐘などが続けざまに鳴る音を表す語。「柱時計がぼんぼん(と)時を打つ」
勢いよく次々と物事が行われるさま。「荷物をぼんぼん(と)投げ入れる」「新製品がぼんぼん(と)売れる」
[名]ぼんぼん時計」の略。

ぼんぼん[書名]

今江祥智長編小説。昭和48年(1973)刊行。昭和49年(1974)、第14回日本児童文学者協会賞受賞。自身の体験をもとにした自伝的小説で、「兄貴」「おれたちのおふくろ」「牧歌」へと続く四部作の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ぼんぼん

今江祥智による児童文学作品。1973年刊行。大阪を舞台に、小学生の洋の視点から太平洋戦争の時代を描く自伝的作品。1974年度の日本児童文学者協会賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぼんぼん

〔主に関西地方で、「ぼん(坊)」のやや丁寧な言い方〕
良家の若い息子。若だんな。ぼんち。 〔「育ちが良くて世間知らずだ」というニュアンスをこめて用いることもある。「-育ち」〕

ぼんぼん

( 副 )
繰り返して破裂したり、当たったりして出る音を表す語。また、柱時計の鳴る音を表す語。 「砲弾が-(と)破裂した」 「柱時計が-(と)鳴っている」
その動作を激しく行うさま。活動が盛んなさま。 「小包を-放り込む」 「ストーブを-燃やす」
( 名 )
「ぼんぼん時計」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼんぼんの関連キーワード一・壱一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再ざら車乗小雑色一、二、三─死一色町一本木

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ぼんぼんの関連情報