クーランジュ

デジタル大辞泉 「クーランジュ」の意味・読み・例文・類語

クーランジュ(Coulanges)

フュステル=ド=クーランジュ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「クーランジュ」の意味・読み・例文・類語

クーランジュ

  1. ( Numa Denis Fustel de Coulanges ヌマ=デニス=フュステル=ド━ ) フランスの歴史学者。古代ギリシア‐ローマ史、中世フランスの封建制度および荘園制度などを研究し、パリ大学教授、高等師範学校校長を歴任した。主著古代都市」「古代フランス政治制度史」など。(一八三〇‐八九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

山川 世界史小辞典 改訂新版 「クーランジュ」の解説

クーランジュ
Numa-Denis Fustel de Coulanges

1830~89

フランスの歴史家。高等師範学校,ついでソルボンヌ大学教授となり,古代・中世史の研究に史料批判方法を樹立した。主著は『古代都市』『古代フランスの政治制度史』。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

百科事典マイペディア 「クーランジュ」の意味・わかりやすい解説

クーランジュ

フュステル・ド・クーランジュ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「クーランジュ」の意味・わかりやすい解説

クーランジュ
くーらんじゅ

フュステル・ド・クーランジュ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android