クーロン励起(読み)クーロンれいき(英語表記)Coulomb excitation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーロン励起
クーロンれいき
Coulomb excitation

荷電粒子が原子核に入射するとき,その間の静電気力 (クーロン力) によって原子核が励起される過程。原子核は入射荷電粒子によって時間的に変化する電磁場を受けるので,γ線入射と同様の効果を受ける。近年高エネルギーの重イオンの散乱によるクーロン励起で高いスピン励起状態が生成され研究されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android