コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアノシン二リン酸

1件 の用語解説(グアノシン二リン酸の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

グアノシン二リン酸

 ヌクレオチドの一つ.GTPアーゼによってGTPからリン酸が一つとれた形の化合物.Gタンパク質とよばれる信号伝達系の分子と結合して細胞内信号伝達に重要な役割を果たす.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グアノシン二リン酸の関連キーワードヌクレオチダーゼヌクレオチドリボヌクレアーゼポリヌクレオチドエキソヌクレアーゼジホスホピリジンヌクレオチドチオレドキシンピリミジンヌクレオチドプリンヌクレオチドリボヌクレオチドレダクターゼ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone