グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群(読み)グウィネズのエドワードいっせいのじょうぐんとしへきぐん

世界遺産詳解の解説

グウィネズのエドワードいっせいのじょうぐんとしへきぐん【グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群】

1986年に登録された世界遺産(文化遺産)で、イギリス中西部に位置する。エドワード1世(在位1272~1307年)が建てた、林立する塔が美しいコンウィ城(1287年建設)のほかに、ウェールズ最大規模のカーナーヴォン城(1330年完成)、二重の城壁を持つハーレフ城(1289年完成)とアングルシー島のボーマリス城(1313年完成)がある。歴史上重要な価値のある建造物群として評価され、世界遺産に登録された。◇英名はCastles and Town Walls of King Edward in Gwynedd

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群の関連情報