コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グライツ Greiz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グライツ
Greiz

ドイツ中部,チューリンゲン州の都市。ゲーラの南南東約 25km,エルツ山地の北麓,ワイセエルスター川沿いに位置する。 1209年帝国直轄地として名がみえ,1359年都市権を獲得。 1564~1918年はロイス家の所領。羊毛紡績の町で,ドイツ中部における繊維工業の中心地の一つであった。現在は繊維のほか機械,化学工業も立地。ロイス家の2つの城 (1564,1778) が残存する。人口3万 6779 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グライツの関連キーワード神奈川工科大学厚木市子ども科学館フリードリヒ ザンダーネーミングライツ横浜こども科学館東京スタジアム冠スポンサー県民ホール髪毛黒生駅競技場命名権ライツ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android