コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリゴレスク Nicolae Grigorescu

世界大百科事典 第2版の解説

グリゴレスク【Nicolae Grigorescu】

1838‐1907
ルーマニアの画家。若くしてイコン画家として名をなした後,1861年奨学金を得てパリに赴き,ロマン主義絵画を学んだのちバルビゾンに居を構え,農民の生活や風景を筆致を残して描き,68年よりサロン(官展)に出品。故国では新しい技法の旗手として賛否両論をもって迎えられる。76年より再びフランスに滞在,印象派の画家たちと交わる。77年露土戦争の従軍画家として多くのスケッチを残す。本来大画面には向かず,優れたデッサン力をみせる速描きの即興的な市井の人々の肖像画風俗画名品を数多く残した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

グリゴレスクの関連キーワード桜田門外の変/参加者一覧天理教[各個指定]工芸技術部門ルーマニア文学近・現代アフリカ史(年表)複成片麻岩内褶曲カラジアーレウェブスター(Ben Webster)久原躬弦ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android