市井(読み)しせい

精選版 日本国語大辞典「市井」の解説

し‐せい【市井】

〘名〙 (昔、中国で、井戸のある所に人が集まって市が成立したところから) 人の集まり住む所。まち。いち。ちまた。また、そこに住む人。
※懐風藻(751)釈道融伝「我為菩提法施耳、因茲望報、市井之事耳」
※随筆・孔雀楼筆記(1768)一「市井の語に、婦人の出産するを、悦をするという」 〔史記‐平準書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「市井」の解説

【市井】しせい

まちなか。〔儀礼、士相見礼〕(仕して)宅なるに在りては則ち市井の臣と曰ひ、野に在りては則ち(さうばう)のと曰ふ。庶人には則ち刺の臣と曰ひ、他國の人には則ち外臣と曰ふ。

字通「市」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android