故国(読み)ここく

精選版 日本国語大辞典「故国」の解説

こ‐こく【故国】

〘名〙
① ふるくからある国。昔あった国。古い国。古国
※南游集(1364頃)和遊石頭城韻「故国山河幾度更、英雄埋骨不名」 〔孟子‐梁恵王〕
② ふるくから関係のある国。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「往古より故国(ココク)の好(よしみ)を忘れずして、世々男の嶋人等と、妹脊の契は締べども」
③ 自分が生まれた国。母国。また、自分の生まれた地方。故郷。ふるさと。
※扶桑集(995‐999頃)九・北堂漢書竟宴各詠史得淮南王劉安〈橘在列〉「歩虚唱了君知否、故国秋風露湿衣」 〔杜甫‐上白帝城詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「故国」の解説

こ‐こく【故国】

自分の生まれた国。祖国。母国。「故国の土を踏む」
自分の生まれた土地。ふるさと。故郷。「故国の母をしのぶ」
《「古国」とも書く》歴史の古い国。昔からあった国。
母国[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android