故国(読み)ココク

デジタル大辞泉の解説

こ‐こく【故国】

自分の生まれた国。祖国。母国。「故国の土を踏む」
自分の生まれた土地。ふるさと。故郷。「故国の母をしのぶ」
《「古国」とも書く》歴史の古い国。昔からあった国。
母国用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ここく【故国】

自分が生まれた国。母国。祖国。
自分が生まれた土地。ふるさと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐こく【故国】

〘名〙
① ふるくからある国。昔あった国。古い国。古国
※南游集(1364頃)和遊石頭城韻「故国山河幾度更、英雄埋骨不名」 〔孟子‐梁恵王〕
② ふるくから関係のある国。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「往古より故国(ココク)の好(よしみ)を忘れずして、世々男の嶋人等と、妹脊の契は締べども」
自分が生まれた国。母国。また、自分の生まれた地方。故郷。ふるさと
※扶桑集(995‐999頃)九・北堂漢書竟宴各詠史得淮南王劉安〈橘在列〉「歩虚唱了君知否、故国秋風露湿衣」 〔杜甫‐上白帝城詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

故国の関連情報