コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリモー・ド・ラ・レニエール Alexandre‐Barthazar‐Laurent Grimod de la Reynière

世界大百科事典 第2版の解説

グリモー・ド・ラ・レニエール【Alexandre‐Barthazar‐Laurent Grimod de la Reynière】

1758‐1837
フランスの有名な美食家。豚肉屋を祖父に,総括徴税請負人を父にもち,富裕な家庭に育った彼は,いったんはパリ高等法院の弁護士となったが,その仕事はさっぱりせず,もっぱら宴席で人のどぎもをぬく挙に出て,人を驚かしつつ,動乱期を生きのびる。主著《饗応の手引きManuel des Amphitryons》(1808)は,フランス大革命以後に出現した新興ブルジョアジー向けの食事万端にわたる指南書である。また自ら〈味の裁判官〉制度を創設し,宣伝効果をあてこむ食品業者に料理や食品を提出させ,有料で味の裁定を下し〈美味認可証〉なるものを気前よく与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

グリモー・ド・ラ・レニエールの関連キーワードエドワーズ光の科学史クレメンス13世ノバルティスブラックストンルソー(Jean-Jacques Rousseau)メーコン科学史カメラ心射図法

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android