グリモー・ド・ラ・レニエール(英語表記)Alexandre‐Barthazar‐Laurent Grimod de la Reynière

世界大百科事典 第2版の解説

グリモー・ド・ラ・レニエール【Alexandre‐Barthazar‐Laurent Grimod de la Reynière】

1758‐1837
フランスの有名な美食家。豚肉屋を祖父に,総括徴税請負人を父にもち,富裕な家庭に育った彼は,いったんはパリ高等法院の弁護士となったが,その仕事はさっぱりせず,もっぱら宴席で人のどぎもをぬく挙に出て,人を驚かしつつ,動乱期を生きのびる。主著饗応の手引きManuel des Amphitryons》(1808)は,フランス大革命以後に出現した新興ブルジョアジー向けの食事万端にわたる指南書である。また自ら〈味の裁判官〉制度を創設し,宣伝効果をあてこむ食品業者に料理や食品を提出させ,有料で味の裁定を下し〈美味認可証〉なるものを気前よく与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android