グリュミオー(読み)ぐりゅみおー(英語表記)Arthur Grumiaux

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリュミオー
ぐりゅみおー
Arthur Grumiaux
(1921―1986)

ベルギーのバイオリン奏者。ブリュッセル音楽院でイザイ門下のアルフレッド・デュボアに学ぶ。のちパリでエネスコに師事。1939年ビュータン賞受賞。室内楽で活動したのち独奏活動に入り、第二次世界大戦後に、ビュータンやイザイの栄光ある伝統を受け継ぐフランコ・ベルギー派の唯一の存在として、国際的な名声を確立した。美音と、端正で典雅な演奏スタイルを持ち味にしており、とりわけモーツァルト、フランス近代音楽を得意とする。61年(昭和36)初来日。なお49年以来デュボアを継いでブリュッセル音楽院教授を務めた。[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android