コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美音 ビオン

デジタル大辞泉の解説

び‐おん【美音】

美しいや声。「美音が響きわたる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びおん【美音】

美しい声や音。 「育英学舎に非常の-を有つた俊敏の短小少年が居たことを記臆せらるゝか/思出の記 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

美音の関連キーワードシェリング(Henryk Szeryng)拘耆羅・拘枳羅・倶伎羅・俱伎羅クリスティアン ツィマーマンホセ・ルイス ゴンサレス若松 若太夫(1代目)滝川 鯉かん(2代目)若松 若太夫(初代)フランチェスカッティ清元延寿太夫(初代)清元延寿太夫(2代)岡安 南浦(3代目)妖精ピリリとの三日間都々逸坊扇歌(初代)中尾 都山(1代目)竹本春太夫(5世)竹本春太夫(5代)豊竹若太夫(2代)若松若太夫(初代)富士田音蔵(2代)松永和風(3世)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美音の関連情報