コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリーンタフ地域 グリーンタフチイキ

デジタル大辞泉の解説

グリーンタフ‐ちいき〔‐チヰキ〕【グリーンタフ地域】

グリーンタフ新第三紀の上部の地層とともに分布する地域。千島弧内帯、西南北海道、東北日本の日本海側からフォッサマグナ、さらに西南日本の日本海側にかけての地域。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のグリーンタフ地域の言及

【グリーンタフ】より

…火山岩類の変質の主な原因は,後の堆積の進行により,地下2~10kmの深さに埋もれて高い温度と圧力の下におかれたこと,および花コウ岩類の貫入や熱水の浸透などによると考えられている。 グリーンタフが分布している地域をグリーンタフ地域とよぶ。この地域には一般に厚い海成の新第三系が分布し,グリーンタフはその下部を占める。…

※「グリーンタフ地域」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グリーンタフ地域の関連キーワードグリーン・タフ塊状硫化物鉱床ベントナイト黒鉱鉱床日本列島流紋岩凝灰岩

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android