コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西南日本 せいなんにほん

4件 の用語解説(西南日本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西南日本
せいなんにほん

日本列島を2分する糸魚川-静岡構造線の西南部分。東北日本に対する。西南日本中央構造線によって内帯と外帯に分けられる。 (→西南日本外帯 , 西南日本内帯 )  

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいなん‐にほん【西南日本】

日本列島を糸魚川(いといがわ)静岡構造線で二分したときの西側の部分。中央構造線により内帯外帯に分けられる。→東北日本

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいなんにほん【西南日本】

日本列島を糸魚川-静岡構造線で二分した場合の西南部の称。 ↔ 東北日本内帯外帯

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西南日本
せいなんにほん

日本の地体構造区分上、糸魚川‐静岡構造線(いといがわしずおかこうぞうせん)よりも南西側の本州および四国、九州を含む地域。糸魚川‐静岡構造線よりも北東側は「東北日本」という。西南日本のうち、中央構造線よりも北側(大陸側)の地帯を西南日本内帯、南側(大洋側)の地帯を西南日本外帯という。
 西南日本内帯は、一部で帯状構造が明瞭(めいりょう)でないこともあるが、北側から飛騨(ひだ)帯、飛騨外縁帯、秋吉帯、三郡帯、舞鶴(まいづる)帯、超丹波(ちょうたんば)帯、美濃(みの)‐丹波帯、領家(りょうけ)帯に分けられる。
 西南日本外帯は、東北東―西南西方向の帯状構造が顕著にみられ、北側から三波川(さんばがわ)帯、秩父(ちちぶ)帯、四万十(しまんと)帯に分けられる。三波川帯の南縁部には、御荷鉾(みかぶ)緑色岩類が分布する。秩父帯はさらに、秩父帯北帯、黒瀬川帯、三宝山(さんぼうさん)帯(秩父帯南帯)の3帯に分けられる。四万十帯は北帯と南帯に分けられる。
 西南日本外帯の三波川帯、秩父帯、四万十帯は、東北日本南部の「関東山地」に連続し、西南日本内帯の飛騨外縁帯、美濃‐丹波帯は東北日本南西部の上越帯、足尾帯にそれぞれ延長すると考えられる。そのため、中生代白亜紀までの発達史を扱うとき、西南日本と東北日本の境界を糸魚川‐静岡構造線ではなく、足尾帯東縁の棚倉破砕帯(たなぐらはさいたい)とする場合がある。[村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の西南日本の言及

【日本列島】より

…国土の主要部である本州,北海道,四国,九州は,互いに連接して日本列島の弧をつくり,全体としては南北に細長く続き,南東にふくらんだ形の島列を示す。北海道の渡島(おしま)半島,本州,四国,九州の山地の配列からその北半は東北日本弧,西半は西南日本弧の二つの島弧が会合したものと解釈されている。これに北部では千島弧,中央部で七島‐マリアナ弧,南部で琉球弧が重なって連接した島弧群となり,大陸との間に日本海,東シナ海を縁海として抱いている。…

※「西南日本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西南日本の関連情報