コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西南日本 せいなんにほん

4件 の用語解説(西南日本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西南日本
せいなんにほん

日本列島を2分する糸魚川-静岡構造線の西南部分。東北日本に対する。西南日本中央構造線によって内帯と外帯に分けられる。 (→西南日本外帯 , 西南日本内帯 )  

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいなん‐にほん【西南日本】

日本列島を糸魚川(いといがわ)静岡構造線で二分したときの西側の部分。中央構造線により内帯外帯に分けられる。→東北日本

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せいなんにほん【西南日本】

日本列島を糸魚川-静岡構造線で二分した場合の西南部の称。 ↔ 東北日本内帯外帯

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西南日本
せいなんにほん

日本の地体構造区分上、糸魚川‐静岡構造線(いといがわしずおかこうぞうせん)よりも南西側の本州および四国、九州を含む地域。糸魚川‐静岡構造線よりも北東側は「東北日本」という。西南日本のうち、中央構造線よりも北側(大陸側)の地帯を西南日本内帯、南側(大洋側)の地帯を西南日本外帯という。
 西南日本内帯は、一部で帯状構造が明瞭(めいりょう)でないこともあるが、北側から飛騨(ひだ)帯、飛騨外縁帯、秋吉帯、三郡帯、舞鶴(まいづる)帯、超丹波(ちょうたんば)帯、美濃(みの)‐丹波帯、領家(りょうけ)帯に分けられる。
 西南日本外帯は、東北東―西南西方向の帯状構造が顕著にみられ、北側から三波川(さんばがわ)帯、秩父(ちちぶ)帯、四万十(しまんと)帯に分けられる。三波川帯の南縁部には、御荷鉾(みかぶ)緑色岩類が分布する。秩父帯はさらに、秩父帯北帯、黒瀬川帯、三宝山(さんぼうさん)帯(秩父帯南帯)の3帯に分けられる。四万十帯は北帯と南帯に分けられる。
 西南日本外帯の三波川帯、秩父帯、四万十帯は、東北日本南部の「関東山地」に連続し、西南日本内帯の飛騨外縁帯、美濃‐丹波帯は東北日本南西部の上越帯、足尾帯にそれぞれ延長すると考えられる。そのため、中生代白亜紀までの発達史を扱うとき、西南日本と東北日本の境界を糸魚川‐静岡構造線ではなく、足尾帯東縁の棚倉破砕帯(たなぐらはさいたい)とする場合がある。[村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西南日本の言及

【日本列島】より

…国土の主要部である本州,北海道,四国,九州は,互いに連接して日本列島の弧をつくり,全体としては南北に細長く続き,南東にふくらんだ形の島列を示す。北海道の渡島(おしま)半島,本州,四国,九州の山地の配列からその北半は東北日本弧,西半は西南日本弧の二つの島弧が会合したものと解釈されている。これに北部では千島弧,中央部で七島‐マリアナ弧,南部で琉球弧が重なって連接した島弧群となり,大陸との間に日本海,東シナ海を縁海として抱いている。…

※「西南日本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西南日本の関連キーワード基本列先土器時代東北日本日本列島日本列島の誕生稲作北日本南日本日本列島殺意の旅《日本列島改造論》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西南日本の関連情報