コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルントビ Nikolai Frederik Grundtvig

大辞林 第三版の解説

グルントビ【Nikolai Frederik Grundtvig】

1783~1872) デンマークの牧師・詩人・政治家。国民学校設立によって青年教育を推進、デンマーク復興の父とよばれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グルントビ【Nikolai Frederik Severin Grundtvig】

1783‐1872
デンマークの宗教家,詩人。国家教会に反抗してキリスト教の歴史性を重視して,デンマーク民族の歴史的個性とキリスト教との結びつきを強調し,時代精神であるデンマークの国民主義を精神的側面から支援した。彼の構想による〈国民高等学校〉がドイツ人との抗争地スリースウィー(シュレスウィヒ)に初めて建てられたのも偶然ではない。彼の思想は〈グルントビ派〉の人々に継承された。【村井 誠人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グルントビの関連キーワードヘンリク ポントピダンデンマーク文学グルントビィグポントピダン北欧文学クリント

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android