コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロッケンシュピール[Glockenspiel(独)] グロッケンシュピール

音楽用語ダスの解説

グロッケンシュピール[Glockenspiel(独)]

いわゆる鉄琴のことで、調律した金属板をピアノの鍵盤の位置と同じように配列し、ケースを兼ねた箱に収められた打楽器。下方に共鳴筒をつるしてスタンドに据えるものや、ペダルで余韻を消すことができるタイプのものもある。バチはしなやかな棒で、バチ頭にはシンチュウ、硬質プラスティックなどの小球がつけられている。ドイツの軍楽隊で使われたベル・リラ(Bell-Lyra)がオーケストラ用に改良されたのが起源といわれる。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

グロッケンシュピール[Glockenspiel(独)]の関連キーワードゴスラーのマルクト広場ミュンヘンの新市庁舎マリエン広場グロッケン体鳴楽器

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android