グロッケンシュピール[Glockenspiel(独)](読み)グロッケンシュピール

音楽用語ダスの解説

グロッケンシュピール[Glockenspiel(独)]

いわゆる鉄琴のことで、調律した金属板をピアノの鍵盤の位置と同じように配列し、ケースを兼ねた箱に収められた打楽器。下方に共鳴筒をつるしてスタンドに据えるものや、ペダルで余韻を消すことができるタイプのものもある。バチはしなやかな棒で、バチ頭にはシンチュウ、硬質プラスティックなどの小球がつけられている。ドイツの軍楽隊で使われたベル・リラ(Bell-Lyra)がオーケストラ用に改良されたのが起源といわれる。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android