コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余韻/余韵 ヨイン

デジタル大辞泉の解説

よ‐いん〔‐ヰン〕【余韻/余×韵】

音の鳴り終わったのちに、かすかに残る響き。また、音が消えたのちも、なお耳に残る響き。余音。「鐘の音の―が耳もとを去らない」
事が終わったあとも残る風情や味わい。「感動の―にひたる」
詩文などで言葉に表されていない趣。余情。「―のある作品

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よいん【余韻】

鐘などを鳴らしたとき、音の消えたあとまで残るひびき。余音。 「 -が残る」
事が終わったあとに残る風情。 「 -を味わう」 「 -にひたる」
詩文などで言外に感じさせる趣や情緒。余情。 「 -をもたせた表現」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

余韻/余韵の関連キーワードチューブラー・ベル(チューブ・ベル、ベル)[tubular bells]佐藤 慶次郎:ピアノのためのカリグラフィー/piano soloグロッケンシュピール[Glockenspiel(独)]ウッド・ブロック[wood block(s)]チェロ[violincello、cello]ビブラフォン[vibraphone]チェレスタ[celesta(伊)]ハイハット[hi魚住為楽(3代)ビブラフォーン三点リーダービブラフォンコントラバス常見 千香夫嫋嫋・裊裊ブランデン谷北 無竹宇野浩二伊藤松宇名残無い

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android