コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グローセ Ernst Grosse

世界大百科事典 第2版の解説

グローセ【Ernst Grosse】

1862‐1927
ドイツの民族学者,美術史家。はじめ大使館員として日本に駐在,のちフライブルク大学教授となった。《芸術の始源》(1894)と《家族の諸形態と経済の諸形態》(1896)が代表作である。グローセは,さまざまな経済形態と美術の諸様式,親族組織の諸形態との間に相関関係が存在することを,はじめて体系的に論じた。その経済形態と親族形態の相関関係に関する学説は,W.シュミットが,その文化圏体系を完成するのに利用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グローセの関連キーワードシュミット(Wilhelm Schmidt)クライネシャイデックグリューネヴァルトウィーンの森エメンタールスクーナーワイゲルリビー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android