相関関係(読み)そうかんかんけい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

相関関係

2つの値の関連性のこと。散布図で調べられる。相関関係の種類に、正の相関、負の相関、無相関がある。x、yという2つの変数による散布図で、xが増加するとyも増加する傾向にある場合、正の相関関係があり、xが増加しているにもかかわらずyが減少する傾向にある場合、負の相関関係があるといえる。そのどちらにも当てはまらない場合、無相関であるといえる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そうかん‐かんけい〔サウクワンクワンケイ〕【相関関係】

二つのものが密接にかかわり合い、一方が変化すれば他方も変化するような関係。
数学で、一方が増加すると、他方が増加または減少する、二つ変量の関係。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

相関関係【そうかんかんけい】

二つの変量の間に,一方が増加すれば他方も増加する(たとえば身長と体重),または一方が増加すれば他方が減少する(製品の供給量と価格)という関係がみられるとき,両者の間に(前者では正の,後者では負の)相関関係があるという。→相関係数相関図

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

相関関係

 変数の間の関係.ある変数が増加したとき,他の変数が増加する場合を正の相関といい,逆の場合を負の相関という.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

そうかんかんけい【相関関係】

一方が変われば他方も変わるというような関係。相関的な関係。
〘数〙 二つの変量の間で、一方が増加するにつれて、他方が増加または減少する関係。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そうかん‐かんけい サウクヮンクヮンケイ【相関関係】

〘名〙
① 二つのものが相関①の関係にあること。
※敗北の文学(1929)〈宮本顕治〉六「芥川龍之介氏の多元的な傾向は、どう云ふ相関関係をもって、後期の氏の文学を形成して行ったであらうか」
② 数学で、一方が増加するとき、他方が増加もしくは減少する傾向が認められるという、二つの量の関係。一方が増加するとき、他方が増加する傾向が認められるならば、それらの間には正の相関関係があるといい、減少する傾向が認められるならば、負の相関関係があるという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相関関係の関連情報