グローバル変数(読み)ぐろーばるへんすう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

グローバル変数

オブジェクト指向言語において、特定の関数の中だけでなく、プログラム全体で有効な変数のこと。大域変数とも呼ぶ。どの関数でも同じ変数を使えるという利点があるが、グローバル変数を多用したプログラムは、処理の流れがわかりにくくなるという欠点がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グローバル‐へんすう【グローバル変数】

global variable》コンピューターのプログラムにおける変数の一。プログラム全体にわたって定義され、プログラムのすべての部分(ブロック)に対し有効なもの。大域変数。⇔ローカル変数

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android