コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイス島 ケイスとうQeys

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイス島
ケイスとう
Qeys

カイス島ともいう。ペルシア湾内のイラン領の島。本土から 16km沖合いに位置する。標高 37mの台地をなし,わずかなナツメヤシと草以外に植生はない。中世末期,この地を領有する首長が艦隊をつくって勢力を増し,当時大きな市場であった本土南西岸のシラフ (現在のターヘリー) を占領して,11世紀にはこれと取って代った。全盛期にはアラビア半島の海岸地方の一部をも支配し,ペルシア,メソポタミアアラビア,インドの産物の交易を行なった。当時の都市の遺跡は,北海岸のハリーレの廃虚として残っている。島は 14世紀に衰退した。人口 1834。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android