コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ皮アルコール(桂皮アルコール) けいひアルコール cinnamic alcohol

1件 の用語解説(ケイ皮アルコール(桂皮アルコール)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいひアルコール【ケイ皮アルコール(桂皮アルコール) cinnamic alcohol】

芳香族不飽和アルコールの一つで,シンナミルアルコールcinnamyl alcoholともいう。融点34.4~34.6℃,沸点257.5℃。ヒアシンス様の香気を有する白色結晶。エステルの形で天然に広く存在し,たとえばケイ皮,バルサム,蘇合香油,ヒアシンス油中などにみられる。蘇合香油などの加水分解あるいはケイ皮アルデヒドを還元して得られる。空気中で徐々に酸化される。水,アルコールエーテルその他有機溶媒に溶ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケイ皮アルコール(桂皮アルコール)の関連キーワードフィトール不飽和化合物ベンジルアルコール芳香族化合物オリザノール脂肪族アルコール多価不飽和脂肪酸芳香族アミノ酸芳香族アミノ酸脱炭酸酵素芳香族アルデヒド

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone