ケイ皮アルコール(桂皮アルコール)(読み)けいひアルコール(英語表記)cinnamic alcohol

世界大百科事典 第2版の解説

けいひアルコール【ケイ皮アルコール(桂皮アルコール) cinnamic alcohol】

芳香族不飽和アルコールの一つで,シンナミルアルコールcinnamyl alcoholともいう。融点34.4~34.6℃,沸点257.5℃。ヒアシンス様の香気を有する白色結晶。エステルの形で天然に広く存在し,たとえばケイ皮,バルサム,蘇合香油,ヒアシンス油中などにみられる。蘇合香油などの加水分解あるいはケイ皮アルデヒドを還元して得られる。空気中で徐々に酸化される。水,アルコール,エーテルその他有機溶媒に溶ける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android