コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケオプスネズミノミ けおぷすねずみのみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケオプスネズミノミ
けおぷすねずみのみ
Indian rat flea
[学]Xenopsylla cheopis

昆虫綱ノミ目(隠翅(いんし)目)ヒトノミ科に属する昆虫。インドネズミノミともよばれ、全世界に広く分布する。日本では奄美(あまみ)大島以南の温暖な地方に多い。体長は雄2ミリメートル、雌3ミリメートルほどで、ヒトノミにきわめてよく似た形態をしている。クマネズミ、ドブネズミなどイエネズミ類に多く寄生し、ペスト菌伝播(でんぱ)の主要害虫として知られる。本属のノミは世界に約60種いて、ペスト菌の媒介に関与するものが多い。20世紀の初め日本でのペスト流行の際には、本州、四国、九州の諸都市のイエネズミ類で、本種の寄生率が高くなった。このように、ケオプスネズミノミなどのノミの平均寄生数(ノミ指数flea indexとよぶ)が大きな値を示すときには、ペストの流行に配慮が必要とされる。[阪口浩平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のケオプスネズミノミの言及

【ノミ(蚤)】より

… イエネズミにはヤマトネズミノミMonopsyllus anisus,ヨーロッパネズミノミNosopsyllus fasciatus,メクラネズミノミLeptopsylla segnisが多い。また開港地ではペストの媒介種であるケオプスネズミノミ(インドネズミノミ)Xenopsylla cheopisが発見される。ノネズミのノミのうち,タテガミミナミノミStivalius aestivalisはミナミノミ属の北限種で初夏から夏にかけて出現する。…

※「ケオプスネズミノミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケオプスネズミノミの関連キーワードペスト菌ノミ類ネズミ鼠蚤

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android