コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケシロハツタケ(毛白初茸) ケシロハツタケLactarius vellereus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケシロハツタケ(毛白初茸)
ケシロハツタケ
Lactarius vellereus

担子菌類マツタケ目ベニタケ科。夏秋の頃,林下の地面にまばらに生える。傘の径6~12cm,丸山形,のちに開き中央がくぼんで漏斗形になる。表面は乾いて白いが傷つくと白い汁が出て,やや黄ばんだ色になる。胞子紋は白い。北海道,本州,九州に産し,北アメリカ,ヨーロッパ,小アジアにも分布する。なお近似種にケシロハツモドキ L. subvellereusがあり,本種に比してひだが疎である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android