ケシロハツタケ(毛白初茸)(読み)ケシロハツタケ(英語表記)Lactarius vellereus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケシロハツタケ(毛白初茸)
ケシロハツタケ
Lactarius vellereus

担子菌類マツタケ目ベニタケ科。夏秋の頃,林下の地面にまばらに生える。傘の径6~12cm,丸山形,のちに開き中央がくぼんで漏斗形になる。表面は乾いて白いが傷つくと白い汁が出て,やや黄ばんだ色になる。胞子紋は白い。北海道,本州,九州に産し,北アメリカ,ヨーロッパ,小アジアにも分布する。なお近似種にケシロハツモドキ L. subvellereusがあり,本種に比してひだが疎である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android