コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケシロハツタケ(毛白初茸) ケシロハツタケLactarius vellereus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケシロハツタケ(毛白初茸)
ケシロハツタケ
Lactarius vellereus

担子菌類マツタケ目ベニタケ科。夏秋の頃,林下の地面にまばらに生える。傘の径6~12cm,丸山形,のちに開き中央がくぼんで漏斗形になる。表面は乾いて白いが傷つくと白い汁が出て,やや黄ばんだ色になる。胞子紋は白い。北海道,本州,九州に産し,北アメリカ,ヨーロッパ,小アジアにも分布する。なお近似種にケシロハツモドキ L. subvellereusがあり,本種に比してひだが疎である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android