コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小アジア ショウアジア

百科事典マイペディアの解説

小アジア【しょうアジア】

アナトリア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうアジア【小アジア Asia Minor】

アジアの西端に突出した半島で,アナトリア(トルコ語アナドルAnadolu)ともよばれる。古くアジアという地名は漠然と〈東方〉を意味し,最初は現在の小アジアの西部をさして用いられた。ヘロドトス以来,アジアが,少なくともペルシアまでを含めた地名として使われ始めると,これと区別するためにアナトリアをさす小アジアという呼称が生まれた。小アジアという地名が文献に初めて現れるのは,5世紀に著されたスペインの司教オロシウスの《世界史》であるといわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうアジア【小アジア】

アジアの西端部、黒海・地中海に囲まれた半島。トルコ共和国の主要部。別名アナトリア。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小アジア
しょうあじあ
Asia Minor

トルコ共和国のアジア領を構成する半島。北は黒海、南は地中海、西はエーゲ海に囲まれ、アジアの西端に位置する。古代ローマの地理学者ストラボンは、北部の町アミソス(現サムスン)と南部のタルソス川を境界として、その西側をアジア(半島)とよんだ。しかし、アジアという概念が東へと広がったため、この地は小アジアと改められた。小アジアはアナトリアAnatolia(トルコ語ではアナドル)ともよばれる。これは、ビザンティン(東ローマ)帝国の皇帝コンスタンティノス7世(在位913~959)が、アジアの領土を14のテマ(軍管区)に分けたとき、現在のエーゲ海に面する西海岸地方をギリシア語でアナトレー(日の出(い)ずる土地)と名づけたことによる。この名称は西欧の諸語でアナートリー、アナトリエン、アナトリアとよばれた。中世のイスラム圏の人々は「ビラード・アッルーム」(ローマ人の土地)とよんだ。
 小アジアの北部は黒海に沿って東西にポントゥス山脈が、南部には海岸線に平行してトロス山脈が走る。トロス山脈の東部に続くアンティ・トーラス山脈にはアラ・ダー(アララト火山)などの高い山々があり、ティグリス、ユーフラテス両大河もこの山脈中に源を発する。黒海とトロス山脈に挟まれた内陸部は標高600メートルを超すアナトリア高原である。海岸地帯は冬季に雨量の多い地中海性気候で、内陸部は年降水量が少なく、寒暖の差が大きい大陸性気候である。[永田真知子]

歴史

小アジアはアジアから西へ向かう通路にあたり、古来、多くの国家が興亡した。最初の統一国家は、紀元前二千年紀にヒッタイト人が中部に建てたヒッタイト王国である。前1200年ごろには西部から中部を中心にフリギア人が王国を建て、この国は500年続いた。前1100年ごろ、ギリシアのアカイア人はドーリス人の侵入を受けたため、小アジアの南西部の海岸沿いに定着し、多くの植民都市をつくった。なかでも、南西部にできたリディア人の国は、東方へ通じる「王の道」とよばれる街道を開いたが、これは征服者の道ともなった。リディアは東方から侵入したペルシア人に滅ぼされた。前334年、マケドニアのアレクサンドロスは大兵力を率いて小アジアに進出、小アジアを征服したが、彼の死後、部将間の争いで、この土地はセレウコス朝の領土となり、のちにカッパドキア、ポントス、ビティニア、ペルガモンの四つの王国ができた。ペルガモンがローマと同盟をしたため、ペルガモン王の死後、ローマの属州となり、紀元1世紀には他の王国もローマ領となった。5世紀末、西ローマ帝国が滅びると、ビザンティン帝国が古代ローマを継承してこの土地を支配した。
 10世紀に入ると、大セルジューク朝のトルコ人がビザンティン帝国の東部国境地帯を脅かした。1071年のマラズギルトの戦いに勝利したトルコ人は、小アジアに進出した。トルコ人は数十年にわたる征服活動ののち、小アジアのほぼ全域を手に入れ、コンヤを首都として、ルーム・セルジューク朝を開いた。しかし、13世紀中葉、この王朝はモンゴル軍の侵攻を受け、キョセダウの戦い(1234)の敗北後、モンゴルの支配下に甘んじ、14世紀初頭に滅びた。このころ、国境の警備に配置されていた君侯(ベイ)たちがそれぞれ独立して君侯国(ベイリク)を建てた。北西部にできたオスマン侯国もそのなかの一つで、始祖オスマンの父エルトゥルルはルーム・セルジューク朝の家臣であった。ソユトの封土はその地を防衛する任務とともに与えられた。2代目オルハンはブルサを首都として領土を拡大し、オスマン朝の基礎をつくった。
 13世紀後半から14世紀後半に、オスマン朝の軍隊は、周辺のキリスト教君侯の領土はもとより、バルカン半島(ルメリア)に進出して、スラブ民族も彼らの支配下に置いた。ルメリアの征服地を維持するため、小アジアの住民を移住させることも行われた。15世紀初頭のティームールの小アジア侵入はオスマン朝に打撃を与えたが、短期間に再建され、小アジアの諸侯国すべてがオスマン朝の領土となった。オスマン軍は1453年にビザンティン帝国を滅亡させた。16世紀にはティマール制とよばれる軍事封土制のもとで農業生産は増大し、商工業も栄えてオスマン帝国は最盛期を誇った。
 しかし、17、18世紀を通じてオスマン帝国は、経済的にも軍事的にも強力になったヨーロッパ諸国と対抗できず衰退に向かった。
 第一次世界大戦の敗北は、イギリス・フランス・イタリア軍の進駐を許し、小アジアは連合国による分割の危機にさらされた。さらにギリシア軍による西アナトリア地方占拠はトルコ人の民族意識を高揚させ、ムスタファ・ケマル(ケマル・アタチュルク)を中心に祖国解放闘争の道を開いた。そしてこれに勝利した革命軍は1923年、アンカラを首都とした新生トルコ共和国を誕生させた。[永田真知子]
『D・ホサム著、護雅夫訳『トルコ人』(1983・みすず書房) ▽松原正毅著『遊牧の世界』(中公新書) ▽永田雄三・加賀谷寛・勝藤猛著『中東現代史』(1982・山川出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小アジアの言及

【アナトリア】より

…トルコ語ではアナドルAnadolu。小アジアともよばれる。面積約52万5000km2,同国の人口の97%を占める。…

※「小アジア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小アジアの関連キーワードミリオケファロンの戦いアンティオコス[1世]Apollōniosミトリダテス[6世]アリアラテス2世グラニコスの戦いトロイ(トルコ)イッソスの戦いエンデュミオンテオドルス1世ポリュカルポスシノペ福音書ドイダルサスアジアトルコトルコ共和国ミムネルモスイリュリア人アスペンドスレバント貿易リュシマコス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小アジアの関連情報