コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケトール ケトール ketol

2件 の用語解説(ケトールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ケトール(ketol)

分子構造中にアルコールヒドロキシ基(-OH)とケトンカルボニル基(>C=O)の両方をもつ化合物の総称。アルコールケトンの両方の性質を示すことが多い。ヒドロキシケトンケトアルコールオキシケトン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケトール
けとーる
ketol

同一分子中にアルコールのヒドロキシ基水酸基)-OHとケトンのカルボニル基Oの両方をもつ化合物の総称。ヒドロキシケトン、オキシケトン、ケトアルコールともいう。一般的にはアルコールとケトンの両方の性質を示すが、ヒドロキシ基とカルボニル基の相互作用によりアルコール、ケトンのいずれにもみられない性質を示す場合がある。たとえば、カルボニル基の隣の炭素原子上にヒドロキシ基がついているα(アルファ)-ケトールは還元性をもっていてフェーリング液を還元し、また、カルボニル基から1個ないし2個の炭素を隔てた位置にヒドロキシ基をもつβ(ベータ)-ケトールやγ(ガンマ)-ケトールは環状の互変異性体との平衡混合物として存在する。
 アセトールCH3COCH2OH、ジアセトンアルコール(CH3)2C(OH)CH2COCH3、ベンゾインC6H5CH(OH)COC6H5などがケトールとしてよく知られている。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケトールの関連キーワードヒドロキシル基ヒドロキシ酸ヒドロキシ基3,6-アンヒドロ糖グリコシド結合シトクロムP-450ヒドロキシラーゼヒドロキシ酢酸β-ヒドロキシ酪酸ヒドロキシリシンベルトランの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケトールの関連情報