コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケラトプス類 けらとぷするいCeratops

知恵蔵miniの解説

ケラトプス類

トリケラトプスに代表される角の発達した草食恐竜の分類群。角がなく体も小さい原始的な角竜類恐竜が、進化の過程で歯が発達して大型化し、角を持つようになったと分析されている。2013年、国内初、アジアでも3例目となる歯根の一部の化石が鹿児島県薩摩川内市下甑島(しもこしきじま)のおよそ8000万年前(中生代白亜紀後期)の地層から発見された。恐竜の全長は数メートルと推定される。これまで、角竜類はアジアから北米に渡って繁栄・進化したと考えられてきたが、この化石の発見により、アジアで角が生えるまで進化していたことが判明した。

(2013-2-22)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

ケラトプス類の関連キーワードスティラコサウルスネオケラトプシアプロトケラトプスパキリノサウルスネオケラトプス類ズニケラトプストリケラトプスカスモサウルスインロン

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android