コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケリファイト状組織 ケリファイトじょうそしきkelyphitic texture

岩石学辞典の解説

ケリファイト状組織

橄欖(かんらん)石のまわりに二次的な放射状の繊維状組織の鉱物が形成され,同心円状の縁を形成している組織[Rosenbusch : 1907].眼斑組織(ocellar texture)と同じ.潜晶質物質または繊維状鉱物の平行または放射状の集合体からなる周辺帯が,マグマ活動の後の反応で周囲の鉱物と反応してできたもの.斑糲(はんれい)岩では輝石と斜長石の間にケリファイト・リム(kely-phitic rim)が形成される[Bowes : 1989].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android