コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケリュグマ Kērygma

翻訳|Kērygma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケリュグマ
Kērygma

ギリシア語で宣教の意。動詞形は kēryssō (宣教する) で,新約聖書においては evangelion (福音) を目的語とする場合が多い。名詞の kērygmaは新約中には少い語であるが,近年,福音の宣教がその最も重要な役割の一つであった原始教会の事情にかんがみて,新約聖書より知られる原始教会の基本的宣教内容をさす術語となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ケリュグマ【kērygma】

〔伝令が告げる布告、の意〕
新約聖書学で、原始キリスト教会の説教のキリスト証言部分。広義には、福音宣教の内容。 → 使信

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のケリュグマの言及

【原始キリスト教】より

… 原始教会の信仰内容は,パウロの手紙や福音書に前提されている諸伝承から,次の二つに大別できる。(1)ケリュグマ伝承。これは,主としてパウロの手紙に前提され,〈神がイエスを死人の中からよみがえらせた〉〈イエスは主である〉という信仰告白(《ローマ人への手紙》10:9)に基づき,キリストの福音を宣教(ギリシア語で〈ケリュグマkērygma〉)する目的で形成された伝承で,これには,(a)キリストの死を人間の罪のゆるしとみなし,その死と復活を旧約聖書における預言の成就として解釈するユダヤ型の伝承(《コリント人への第1の手紙》15:3~4)と,(b)キリストの死を,神とともにあった〈神の子〉の,神に対する従順のきわみとみなし,それゆえにキリストは神により〈主〉として天に挙げられたというヘレニズム型の伝承(《ピリピ人への手紙》2:6~11)に分けられる。…

※「ケリュグマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケリュグマの関連キーワードコロサイ人への手紙ケーゼマンギリシア語非神話化ブリ使信

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android