コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福音 ふくいん evangelium; gospel

6件 の用語解説(福音の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福音
ふくいん
evangelium; gospel

ギリシア語の euaggelionは元来「よい音信」そのものであれ,「よい音信をもたらす者への報酬」であれ,euaggelos「よい音信をもたらす者」に関する事すべてをさす。宗教的用語としては神秘宗教における神託,皇帝崇拝における皇帝に関する告知をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふく‐いん【福音】

喜びを伝える知らせ。よい便り。「福音をもたらす」
イエス=キリストによってもたらされた人類の救いと神の国に関する喜ばしい知らせ。また、福音書にしるされているキリストの生涯と教え。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

福音【ふくいん】

〈良いたより〉,〈喜ばしいおとずれ〉の意。英語でevangel,gospel(ギリシア語euangelionに由来)。キリスト教では,イエス・キリストによる救済の宣教またはその教えをさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふくいん【福音 evangel】

元来はギリシア語euangelionで語義は〈よい知らせ〉。古典ギリシア文献では,たとえば戦勝の知らせを指して用いられる。ローマ時代には,皇帝を神的存在とみなし(皇帝礼拝),その即位等の知らせを〈よい知らせ〉と呼ぶことが行われた。旧約聖書では,この語に対応するヘブライ語名詞の用例には見るべきものがないが,同じ語根の動詞から出た〈喜びの使者〉の,とくに《イザヤ書》52章7節(前6世紀後半)での用例は,新約聖書の〈福音〉との関連で注目を要する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふくいん【福音】

ギリシャ evangelion〕 キリスト教で、イエスの生涯とその死と復活を通して啓示された救いの教え。ゴスペル。
喜ばしい知らせ。 「 -を待つ」 〔「和英語林集成再版」(1872年)に英語の gospel の訳語として載る。漢訳聖書からの借用語〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福音
ふくいん
gospel英語
vangileフランス語
Evageliumドイツ語

もとは一般的によい知らせを意味し、戦いの勝利の知らせとか、子供の誕生の知らせなどに用いられた古典ギリシア語「エウアンゲリオン」euaggelion(eu〈よい〉+aggelion〈知らせ〉)の訳語である。『旧約聖書』ではヘブライ語「バーサル」bsarという動詞の訳語として「福音を宣(の)べ伝える」(「イザヤ書」61章1〈口語訳聖書〉)が一度だけ出てくる。この語はまた「よき訪れ」(「イザヤ書」40章9、41章27、52章7)という訳語で出ている。これらは、イスラエルの民がバビロン捕囚からイスラエルの神ヤーウェによって解放され、母国に帰って、ヤーウェを王とするという救いと平和の到来の知らせである。
 旧約から新約に移る中間時代にあっては、メシヤによる救いの時がユダヤ人によって待望されていた。このことが実現されることがユダヤ人にとってまさに「福音」であった。
 イエス・キリストがくるすこし前にバプテスマのヨハネはこのような時が近づいていることを宣べ伝え、その時が終末的審判によって始まることを強調し、人々に悔い改めを勧めた(「マタイ伝福音書」3章1~12)。『新約聖書』には「福音」euaggelionという語は多く用いられている。福音書ではイエス・キリストは「時は満ちた、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ」(「マルコ伝福音書」1章15)と宣べ伝えた。それは、悪魔の支配が打ち破られ、神の支配が開始されることである。主イエスは、その頭に高価な香油を注いだ女に対して、自分の死に言及してから、「この福音」といった(「マタイ伝福音書」26章13)。この福音は事実、主イエスの十字架での死と死人のなかから復活によって初めて明らかにされた。「使徒行伝(ぎょうでん)」以下においては、福音の内容は、主イエスが宣べ伝えた神の国の福音というよりは、主イエス・キリストの受肉・死・復活のできごとにおいて罪の贖(あがな)いが成就(じょうじゅ)され、キリストを信じる者にあって、神との永遠の交わりが回復されたことが福音として語られている(「ロマ書」1章3~4、「コリント書I」1章18、15章12~19)。
 したがって「キリストの福音」(「ロマ書」15章19、「コリント書」2章12、「ピリピ書」1章27)、神の福音(「ロマ書」1章1、「ペテロ書I」4章17)、「イエスによる罪の赦(ゆる)しの福音」(「使徒行伝」13章38)、「和解の福音」(「コリント書」5章19)などのように、福音が、その特色を表すことばによって修飾されて用いられている。
 なお、福音は律法と対立するものとして語られている。神の救いにあずかる道として福音と律法が取り上げられ、新しい契約である福音がくることによって、初めの契約である律法は古いものとされた(「ヘブル書」8章6~13、「コリント書」3章6~11)。律法は、人が神の要求を充(み)たすことによって神の祝福が得られる道であり、それに対し、福音とは神がそのひとり子を罪人の身代りに十字架上で罰することによって救いの道を備え、人は神の要求を充たし得ないままで、ただイエス・キリストを信じることによって、神の恵みにより神の祝福にあずかれる道である(「ロマ書」3章20~28)。
 律法は人に罪を自覚させ、人をキリストによる救いに導くものである(「ロマ書」3章20~31、「ガラテヤ書」2章16、3章10、11、24)。福音は単なる人のことばでなく、イエス・キリストを信じる者に救いを得させる「神の力」の一面がある(「ロマ書」1章16、「コリント書I」1章18)。[野口 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の福音の言及

【福音書】より

…後2世紀以後の呼称で,イエスの言葉と業(わざ)を相互に連関させ,その死にいたるまでを叙述する文書を指す。最古の《マルコによる福音書》は後70年ころ,《マタイによる福音書》と《ルカによる福音書》が80‐90年,《ヨハネによる福音書》が100年ころの成立と考えられる。〈……による福音書〉という語法には,元来一つであるべきイエスの救いの〈福音〉を異なる複数の視点から表現するものという意味が含まれる。…

※「福音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

福音の関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福音の関連情報